ラーメンオタク全員が悪人なわけではない。しかし、面倒なラーメンオタク、さらに面倒を通り越して「害悪」としか言えないラーメンオタクというものは存在する……。

ラーメン店主、悪質な“デマ”を流されて提訴

 神奈川県鎌倉市にある「中華蕎麦 沙羅善」など複数のラーメン店を経営する梅澤愛優香さんが「反社会勢力との繋がりがある」と“悪質なデマ”を吹聴されて、予定していた新店舗のオープンが未定となってしまったニュースが話題になった。梅澤さんはデマを流した相手を民事提訴するという。

 彼女はAKB48の派生ユニットバイトAKB」の元メンバーという異色の経歴の持ち主だ。「ラーメン界の女王」とも呼ばれ、何かと目立つ存在であるせいで、かねてより一部の気難しい“ラーメンオタクに目をつけられていたらしい。

 素材やら、味の流行り廃りやら、店主の修行経験やら。語る要素が多いぶん、ラーメン好きはオタク化しやすい。鉄道でもアニメでもどの分野のオタクにも言えることではあるが、そのジャンルにおける価値観コミュニケーションに慣れすぎた結果、店側や非オタクを困惑させるような言動に走ってしまうことも……

◆迷惑ラーメンオタクのいきすぎた言動にイラッ!

 迷惑ラーメンオタクに遭遇した人々が「イラッときた」エピソードを証言する。

「店員と親しげに雑談すること自体、他の客へのマウンティングっぽくて嫌いなんですが、特に某激辛ラーメン店でわざわざ店員に話しかけるやつは『一昨日来たときは○○さん(店員)お休みだったんで寂しかったっすよ』とか『今月まだ6回しか来れてないんすよね~』とか来店ペースアピールすることが多くてウザい。だから何? 意味わからん」(40代男性)

「毎週決まった曜日に特製ラーメンを出すお店があるのですが、そこで毎回店長にウザ絡みする人を見かけます。コロナ禍になっても狭い店内で『今日の素材は○○でとても○○で……』、ラーメンが提供されても『いやぁ~。相変わらずいい仕事しますねぇ~。素材が○○で……』みたいに声に出して食レポを始めるオッチャンが数人います」(40代男性)

 狭い店内だと、店員へのウザ絡みが聞きたくなくても耳に入ってしまう。しかもコロナ禍にあっては“イヤ度”も倍増!

ジャンルの細かい定義を気にしがち

 一口にラーメンと言っても家系をはじめ、二郎(インスパイア)系、背脂チャッチャ系など、幅広いジャンルがある。ラーメンオタクは、その細かい定義を気にしがちである。

「こっちが何気なく『家系ラーメン』と言った店をいちいち『それは家系じゃないから』と訂正してくる人がいます。厳密には家系ラーメンの元祖と呼ばれる“吉村家直系”と認められた店しか家系ではないらしく、『東京には家系は1軒しかないのがなあ』がその人の口癖です」(40代男性)

ジロリアンラーメン二郎熱狂的なファン)の友人との会話で、相手に合わせて『あの店のワシワシ麺の食感がいいよね』と言ったら『あそこインスパイア系で麺の加水率が……」みたいなウンチクで一蹴されました。知ったかぶりをした自分を後悔」(30代男性)

◆友人だけではなく、店員に対しても強烈マウンティング

 邪悪なオタクは息をするようにマウンティングをする。

ラーメン激戦区の近くの大学に通っていたので、ラーメンオタク同級生にチラホラいました。みんなで『どのラーメン屋によく行く?』という話になったとき、私があるお店の名前を出したら、ラーメンオタクに『あぁ~……。まぁね、テーブル席が多いから便利だよね』と小馬鹿にするような反応をされました。うるさいな! お前と違って、こっちはラーメンは友達と食べるものなんだよ!」(30代女性)

 その矛先は友人や知人だけではなく、店側にも及ぶ。 

「大学時代にバイトしていたラーメン屋にクセの強い常連客がいました。ホールスタッフには物腰柔らかで優しいんですが、毎回お客様アンケートに『今日のラーメンはちょっと味が薄かったですね! 人気店だから調子乗っちゃったかな? 気を抜かずに頑張ってください!』みたいな感想を書き残すんです。そもそもチェーン店なので、そんなに味はブレないだろうと思うんですが……」(30代女性)

◆無料サービスをねだるラーメンオタク

「ブロガーが店員に催促して無料サービス受けまくりでした。店主は気まずそうにして、そのブロガー以外は全員苦笑い。あとで問題のブログを見つけましたが、いろいろサービスを受けたことを自慢している感じでした」(年齢・性別非公表)

 「我こそはラーメン通」という謎の自意識が彼らを奇行に走らせるのか……。

 繰り返す通り、ラーメンオタク全員が厄介者なわけではない。しかし、一部の人々の迷惑行動によって、ジャンル全体のイメージが悪化してしまう。罪なき店員や非オタクに迷惑をかけることはやめてほしい。

<取材・文/原田イチボ(HEW)>

【原田イチボ(HEW)】
1990年生まれ。編集プロダクション「HEW」所属のライターアイドルプロレス、BL、銭湯サウナが好き。Twitter@ichibo_h

※写真はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)

ラーメンとは、中華麺とスープを主とし、様々な具(チャーシュー、メンマ、味付け玉子、刻み葱、海苔など)を組み合わせた麺料理。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば、南京そばで、「らーめん」、「らあめん」、「らぁめん」、「ら〜めん」、「らー麺」と平仮名で表記されることもある。中華
87キロバイト (8,641 語) - 2021年9月13日 (月) 14:36


「素人には分からないだろうけど、俺ら玄人には…」
とかなんとか…

<このニュースへのネットの反応>

自称「ラーメンオタク」の人間と食事に行って楽しかった覚えがない。ラーメン食べてる間はずっとラーメンのうんちく垂れ流しまくるし、ラーメンじゃないときは如何にラーメンの方が良かったかをグダグダしゃべり続ける。


どんなジャンルでも聞いてもいないのに延々語り出したりマウント取ってくるような奴は碌でもないなと思いました


『東京には家系は1軒しかないのがなあ』 じゃあ東京来んなよw どっか別の県行って食ってろよw


結局何をオタクにしようともオタクはオタク 通常の人間とは違う感覚の人達で自分さえよければいいという人種である事を忘れてはいけない


消費側のくせに偉そうにしてる奴、まじで理解不能。


家系と二郎系好きなやつはめんどうなやつが多いのは確か


っぱカップヌードルが最強ですわ


味覚ってのは五感の中で一番信用ならんのよ。加齢、病気どころかその日の体調にすら左右されるからな。ラーメンオタは味覚の維持にどれだけ気を使ってんだ?


何かに拘ってるんじゃなくて何かに拘ってる感出してる自分に酔ってる奴はどんなジャンルにもいる。


黙って食え


元々貧乏人の食い物だったのに、ある意味ブランド化を図って高級化したツケみたいなもんなんだろうな。とはいえ素人の能書きほど不愉快になる寝言もねぇのはわかる。


見たことあるレヴューは女性客が多い ごはんに豆板醤とニンニクかけて食べてる硬派な人がいなかった女性客いるからなんなんだよと硬派ってなにって感じで面白かったですね


うるせぇな。ラーメン屋で働けばいいじゃん


オタクは間違った知識でもそれをひけらかしたい迷惑な生き物だから自衛するならその手の話題を振らない、振ってきたら「別の人と話して」で回避するしかないよ。


以前から気になってたけど「迷惑系YouTuber」とか「迷惑ラーメンオタク」とかいう呼び方やめた方がいい。YouTuber、ラーメンオタク、撮鉄などの方全員が反社会的人物みたいに感じる。コイツらは実名出して「犯罪者」呼びにすべき。


“ラーメンオタク”と最初に相手を貶めてマウンティングするライター。デマとか“調子に乗っちゃった?”は酷いかな。店員と客が話しててウザイとか神経質では。


「金払ってやってる」っちゅう優位性(※明らかにスジ違い)が陰キャを饒舌にさせてまうのかもしれへんなぁ。自分らの言動が一番嫌っとるはずの連中と全く同じやという自覚もせずになぁ。


グルメ漫画だと主人公にとっちめられるようなラーメンオタク、実在してたのか


ラーメンハゲでも読んでろ


「店員と親しげに雑談すること自体、他の客へのマウンティングっぽくて嫌いなんです」っていうのが意味不明かな。客と店員が仲良くしちゃいかんのか?基本、客と店員は相利の関係でしょ??まあ、店員さんの側にその気が無くて迷惑してるとか、他のお客への対応に手が回らなくなるほど話し込むとかなら話は変わるけど。